楽しみながら働くと、いつの間にか初心者を卒業しています。
料理人は、お客さまと「料理」で対話する。
食材を大切にすることは、人を大切にすることと同義だ。
もっと多くの方に、もっと遠くの方に。
人形町今半だからこそ、身に付けられる“おもてなしの心”があります。

人形町今半の仕事で最も大切な使命。それはお客様第一主義にもとづいたサービス・商品を提供すること。接客・調理・ケータリング・営業といった各分野のスタッフが力を合わせて、お客様の「ハレの日」が最良のひとときとなるように、おもてなしをしています。人形町今半で働く多くの方は未経験からのスタートです。初めての方が安心して働けるように、働きやすい環境づくり、教育に力を入れています。人形町今半でしか出来ない経験や出会いがあなたを待っています。

実録!人形町今半の秘密に迫る
第一弾 人形町今半潜入レポート

勤務地から求人を探す

雇用形態から求人を探す

職種から求人を探す

時間帯から求人を探す

業態から求人を探す

働いている人の

F.Hさん(飲食店・サービス)20代女性 アルバイト

人形町今半は私にとって初めてのアルバイトです。大学生になり、アルバイトの求人情報を探していたときに、人形町今半の求人を見つけました。数回ですが人形町今半のお弁当を食べたこともあり、また勤務先が通学途中の新宿にあったことも、アルバイトをしたいと思った理由の一つです。
人形町今半のアルバイトは楽しいですよ。お子様からシニアの方まで、さまざまな年代の方との出会いがあります。なかでも一番記憶に残っているのは、海外からいらした外国人のお客様にお食事を喜んでいただけたことです。せっかく日本に来て、人形町今半でお食事をするならおいしく食べていただきたいと思い、拙い英語で一生懸命説明しました。すると、その外国人のお客様が帰り際に「Thank you. Very Good. I'll come again next time.」とおっしゃったのです。とても感激しました。そのときの英語でのやりとりが忘れられず、留学するきっかけにもなったほどです。
人形町今半でアルバイトを始めて2年8カ月が経ちますが、こんなに長く続けられたのは周りの社員の方、パート・アルバイトの方が親切な方ばかりで、いろいろとフォローしてくれるからだと思います。おかげで大学の授業や夏休みなどの長期休暇など、その時の都合に合わせたシフト希望にも対応していただけます。今は夕方からのシフトですが、自分のペースでアルバイトできるのも嬉しいですね。

K.Yさん(飲食店・サービス)50代女性 正社員

前職は、喫茶店やアパレルショップなどで主に接客のパートをしていました。人形町今半で働きたいと思ったのは、舞妓のお稽古を始めたことがきっかけです。着物での美しい所作や振る舞いを身に付けたい、またお客様に喜んでいただけるサービスの仕事がしたいと思ったのです。そんな希望にぴったりだったのが人形町今半の求人でした。接客のパート経験も生かせると思いましたし、社員になれることにも魅力を感じました。
これまで、さまざまなお客様のお席ですき焼を炊かせていただきました。数多くのお席の中でもとくに思い出に残っていることがあります。それは、お父様と別居されていたお嬢様が結婚のご報告をされるというお席でした。久しぶりにお会いになり、父娘の会話も弾むうちに「幸せになれよ」「はい」とお二人で泣き始めたのです。私ももらい泣きをしながら、お話に入らせていただきました。とても温かな気持ちになったお席でした。
ハレの日に人形町今半をご利用いただき、思い出深い一日を過ごしていただく。それが人形町今半で働く社員・パート・アルバイトの何よりものやりがいであり、喜びだと思います。一人でも多くの方に人形町今半のファンになっていただけるよう心づくしのサービスを心がけています。人形町今半ならではの接客サービスや、着物の着付け、作法、立ち居振る舞いが身に付くのも、この仕事の魅力です。人と接するのが好きな方に、ぜひ応募していただきたいですね。

N.Kさん(お弁当工場・配送)30代男性 アルバイト

前職は医療福祉の仕事をしていました。昼夜問わずの勤務体制と家庭の都合もあり、昼間に働けるアルバイトの求人を探すことにしました。そのとき見つけたのが、人形町今半のお弁当配達の求人です。以前、人形町今半のお弁当を食べる機会があり感動したことがありました。また運転が趣味で、ピザのデリバリーや家電の配送のアルバイトをしたこともあったので、その経験も生かせると思ったのです。面接の際に、個人の事情を配慮していただけると聞き、「ここでアルバイトしたい」と思いました。
お弁当の配達をしていると、いろいろなお客様との出会いがあります。外国人のお客様が「日本のおいしい肉が食べたくて人形町今半さんに注文しました」とおっしゃった時は、この仕事に携われたことを誇らしく感じたものです。
また、お父様が人形町今半の常連だったというお客様からはこんなお言葉をいただきました。「お父さんは昔から人形町今半に通っていて、何か行事があるたびに家族を連れていってくれたの。それが今では足が不自由になり、人形町今半に行きたくても行けなくなってしまって。そんな時にお弁当配達のことを知ったのよ。親孝行をしたいから今後もよろしくお願いします」と。
人形町今半というお店が、家族の思い出の一場面を彩り、とっておきの食事として広く愛されていることを知って身がひきしまる思いがしました。これからも一人でも多くの方に笑顔をお届けすることが私の目標です。

よくあるご質問

求人応募から採用までの流れを教えてください。
インターネットもしくはお電話でご応募ください。各店舗で選考のうえ採用担当よりご連絡します。面接は店舗責任者と行います。合否に関わらず、採用の結果については1週間以内にご連絡します。
配送に興味があります。採用基準・求める人物像はありますか?
特別な資格は必要ありません。ただし、普通自動車免許(AT限定可)をお持ちの方が対象になります。お弁当の配送にも簡単な接客がありますので、最低限のコミュニケーション能力は必要です。接客スキルについては入社後にお教えしていきます。未経験スタートのアルバイト・パートの方が活躍しているのも、配送スタッフの特徴です。
飲食店で働くのは初めてなのですが、大丈夫でしょうか?
大丈夫です。一部中途入社の方を除き、人形町今半で働くアルバイト・パートの方の半分近くが、未経験でスタートしています。初めての方が安心して働けるように、専属のトレーナーがついたり、さまざまな研修を行ったりと万全な体制をご用意しています。
どんな方が働いていますか?
全部門を通して主婦やフリーターの方が多く、20~50代の幅広い世代の方が働いています。この業界を学びたいという意欲のある学生の方、日常会話レベルの日本語ができる海外の方も大歓迎。「格式の高さを感じて応募しづらい」という声を聞くこともありますが、心配ありません。お気軽にお問い合わせください。
子どものお迎えがあり、短期アルバイト勤務、または短時間勤務を希望しています。採用枠はありますか?
原則、1年以上の勤務からの受け入れとなります(お中元事務等の一部求人を除く)が、短時間勤務は可能です。例えば、配送職は週3日以上であれば9時~14時、9時~16時、9時~18時の中からご希望の時間帯を選べます。また、飲食店の接客・サービス、および調理補助の場合は、ランチタイム(10時~17時)、ディナータイム(17時以降)、フルタイム(昼・夜合わせて8時間)の3つの勤務シフトがあります。店舗・職種により異なりますので、ご希望の勤務時間があれば本部採用担当(03-3666-2350)までお気軽にご相談ください。柔軟に対応させていただきます。
出勤日数・曜日・時間、シフトはどのようになっていますか?
多くの職種が週3日以上、および土・日どちらかの出勤が必須条件です。シフトの希望は1カ月前にご提出をお願いしています。一部「平日のみ」の求人もありますので、ご希望の場合はご相談ください。
年末年始はまとまったお休みを取れますか?
年末年始は繁忙期のため、従業員全体で協力し合ってシフト調整しています。やむを得ない事情がある場合は、事前にお知らせください。
残業はありますか?
職種により多少異なりますが、若干の残業が発生します。配送の場合は、道路渋滞や遠方へのお弁当回収などにより1~2時間程度発生することもあります。
アルバイトの福利厚生はありますか?
勤務形態によりますが、各職種ご用意しています。社会保険の加入、交通費2万円までの支給、永年勤続表彰制度、登録制の保養所などがあります。また、社員割引制度により、人形町今半で販売している牛肉や惣菜などの全商品を2割引で購入できます。
給料はどのように支払われますか?
毎月15日締め、当月28日に銀行振り込みいたします。
昇給制度はありますか?
一部職種(接客・サービス、調理補助、販売、配送等)で昇給制度を適用しています。規定の評価基準を満たした方を対象に時給が上がっていきます。
アルバイトから社員になれますか?
正社員登用を積極的に行っています。希望される方は面接時にご相談ください。
接客希望です。着物の着付けをしたことがないのですが大丈夫ですか?
大丈夫です。人形町今半に入社される方の8割は着物の着付けが初めて(未経験)の方ばかりです。トレーナーが1対1で着付けを指導しますので、1カ月もすれば一人で着付けができるようになります。お正月やその他ハレの日など、プライベートにも役に立ちますよ。
海外のお客様が多いとのことですが、英語で接客できるか心配です。
接客用の簡単なフレーズがありますので、まずはそれを覚えることから始めます。仕事に慣れてきた方は、人形町今半が定期的に実施している語学研修への参加がおすすめです。大事なのは伝える思い。ジェスチャーでも構いません。海外のお客様へ素敵なおもてなしをしましょう。
  • Check